交通事故治療について

交通事故治療について

整骨院で交通事故治療をするメリット

交通事故治療は治療の選択肢を多く持つ整骨院を選ぶのがポイントです。
本来、整骨院というのは国家資格を持った施術者が、骨・関節・筋・腱・靭帯等の損傷に対する施術を行いますので、交通事故によるダメージが身体全体に及ぶことを考えると、整骨院で治療をすることには大きなメリットがあると思います。
また、一般的な交通事故の場合は、自賠責より治療費がまかなわれますので、自己負担金はありません。病院への通院と並行しても問題ありませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

早期に治療を始めることが大切です

交通事故の治療において一番大事なことは「早期に治療を開始する」ことです。
事故に遭った直後というのは、身体が興奮状態にあり、痛みを感じないケースがあります。しかし、そのまま大したことはないと思って放っておくと、後々痛みやしびれなどの症状が出てくることも少なくありません。軽い怪我だと思っても油断せず、病院でCT、MRIなどの精密検査を受けてください。

損害賠償や示談などの法律的問題

交通事故・むち打ち症の悩みはもちろんお体のことですが、それに加えて損害賠償や示談などの法律的な問題で頭を悩ませたり、不安を抱えている方は少なくありません。
交通事故治療を始めて一定期間が過ぎると、保険会社から治療の打ち切りを通告されますが、症状が残っているのであれば治療を中止する必要はなく、保険会社が強制的に治療を中止させることもできません。もしこうした連絡があった場合はご相談ください。治療効果があるのであれば、治療を継続できるよう交渉します。

交通事故の主な症状

  • 後遺症で首がまわらない
  • 頭痛、めまい、吐き気が治らない
  • 首、肩、腰が痛む
  • 手足の障害
  • 全身の倦怠感
  • 夜眠れない
  • 手足がしびれる。など

再三にはなりますが交通事故治療は非常に早期治療が重要です。事故後に上記のような症状を感じましたら速やかにご相談下さい。

もしも交通事故に遭遇してしまったら

1.警察へ交通事故の届出をする。

加害者、被害者に関わらず警察へ届け出て下さい。

2.病院、整形外科で「診断書」をもらう。

警察に提出する「診断書」は、当院では書けないので一度病院か整形外科で診断書をもらってください。診断書をもらった後に管轄の警察署へ診断書を提出してください。

もし、2、3日経って症状が出た場合も病院へ行き診断書をもらって管轄の警察署へ行き診断書を提出してください。
これで「人身事故」扱いとなります。

3.保険会社へさく整骨院で治療することを伝える。

まずは、相手の保険会社を通してお申し出ください。
保険会社とのやりとりは、最初の連絡さえしていただければ、こちらで対応することも可能です。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお尋ねください。

4.来院

病院の診断書をお持ちください。
診断書・問診表等に基づき、今後の治療計画を作成いたします。

5.治療開始

「整体・整骨」を用いて症状改善を目指します。

6.治療終了

症状が改善したと判断しましたら、治療終了となります。
今後の生活の中で気をつけること等アドバイスさせていただきますので、参考にしていただけたらと思います。